税理士選びのポイント

会社設立時には、税理士が大きな働きをしてくれますので、とても力強い味方と言えます。ただ、その税理士は誰でもいいというわけではありません。では、どのような税理士を選べばいいのでしょう。

まずは、最も大切なポイントとして、顧客目線をもっている税理士を選ぶことが挙げられます。税理士という職業は、先生と呼ばれてきたため、とても横柄なイメージがあります。しかし、今は税理士であってもサービス業としての認識が必要とされますので、顧客に最高のサービスを提供することこそが、今の税理士のスタイルとも言えるのです。言葉遣いや態度など、サービス業としての意識を持った税理士を選んでください。

また、税理士によっては節税に消極的な人がいます。本来、税理士は税金を正しく納めるための仕事をする職業です。すなわち節税のために働く意識がないのです。しかし、節税できる部分は、積極的に節税することで、会社の経営基盤も盤石となります。節税アドバイスをしてくれる税理士を選ぶことで、会社の運営が楽になるのです。そして、税理士に対して多いクレームとしてレスポンスが遅いということがあります。よい税理士は何かにつけ対応が早いものです。こういったポイントも選ぶ際の基準としてください。

税理士のメリット

会社の設立は法律に沿って行われるものです。従って、個人で行うには法律に詳しくなければいけません。また、手続きや書類の作成など膨大な手間と時間がかかってしまいます。そこで、会社設立に際しては税理士に相談するのが賢明と言えるのです。

会社設立での書類作成や申請等の代行を税理士に依頼することで、様々なメリットがあります。まずは、税務検討と手続きなどの不備により、後々の税負担が増えることがあります。設立時に税理士に依頼することで、こういった初歩的なミスを防ぐことができ、税金面での負担も軽減されるのです。また、銀行や税務署からの信用も変わってきますので、例えば設立時の融資なども有利に働くのです。

とにかく、設立時に不備をきたすと後々の税務にかなりの影響を及ぼします。それが経営の基盤を揺るがす事態にもなりかねませんので、会社設立時には、必ず税理士に相談することをおすすめします。他にも、税理士に相談するメリットとしては、給与計算や帳簿の確認、あるいは領収書などの仕訳に、会計ソフトの利用法など税理に関してのあらゆるアドバイスやサポートが期待できるのです。このように、会社設立時に発生する手続きの代行を税理士に依頼することでトラブルを回避でき、その上様々なメリットがあるのです。

参考-税理士法人アディーレ会計事務所

会社設立の流れ

平成18年に会社法が施行され、以前よりも起業しやすくなりました。そのため、新たに会社を設立し、独立する人も増えてきたのです。同僚や部下が、それまで働いていた会社を辞め、会社を設立したなんて話も珍しくはない時代なのです。そういった話を聞き、自分も会社を設立しようと考えている人もいることでしょう。ただ、どのような手順で起業すればいいのか分からず、起業を断念する人も少なくはありません。

では、会社設立の流れですが、まずは会社の基本事項を決めなければいけません。会社の名前、事業内容、所在地、資本金額、役員や出資者などです。こういった会社の基本事項を記したものを「定款」と言います。そしてこれを公証役場に持っていき、正式なものとして認証してもらうのです。

その後、資本金の払い込みを済ませ、登記申請を行うのです。これが、会社設立までの簡単な流れです。ただ、こういった手続きを個人で行うにはかなりの時間と手間がかかります。また、書類に関しても膨大な量になりますので、書類の不備などが起こりやすくなるのです。とにかく会社設立は、複雑で面倒なものですので、トラブルを防ぎスムーズな設立をするためにも、まずは税理士に相談するのがおすすめです。

会社設立と税理士

サラリーマンのままでいるよりは、小さくとも一国一城の主で、自分の力を試したいということで、会社設立をして独立を考えている人は少なくありません。ただ、会社設立も簡単にできるわけではなく、様々な手続きが必要となってきます。書類を作成し、資料を集めたりと、かなりの時間と労力がかかります。しかも、会社設立は法律に則っておこなわれるものですから、法律について知っておかなければいけません。

しかし、ほとんどの人は会社設立に関する法律、特に税金に対しての知識は持ち合わせていません。そのため、申請書類に不備があったり不具合が生じたりして、会社設立が思うように進まないのです。こういった場合、やはり法のプロに相談することをおすすめします。会社設立の際に、大きな働きをしてくれる法のプロと言えば、税理士です。個人で手続きを行うのではなく、ここは税理士に依頼して、適正な処置をしてもらうことが賢明と言えます。

会社設立にはまず定款を作成し、それを認証してもらいます。そして資本金を振込み、登記申請を行うという流れが一般的なものです。こういった手続きを税理士に依頼することで、後々の税金負担が軽減されたり、時間的なロスもなくなり、予定の期間内に会社設立が叶うことになるのです。この税理士を選ぶ基準としては、顧客目線を持っていることが重要となります。また、節税を積極的にすすめ、レスポンスも早いことがよい税理士の条件です。このサイトは会社設立と税理士について説明します。