税理士選びのポイント

会社設立時には、税理士が大きな働きをしてくれますので、とても力強い味方と言えます。ただ、その税理士は誰でもいいというわけではありません。では、どのような税理士を選べばいいのでしょう。

まずは、最も大切なポイントとして、顧客目線をもっている税理士を選ぶことが挙げられます。税理士という職業は、先生と呼ばれてきたため、とても横柄なイメージがあります。しかし、今は税理士であってもサービス業としての認識が必要とされますので、顧客に最高のサービスを提供することこそが、今の税理士のスタイルとも言えるのです。言葉遣いや態度など、サービス業としての意識を持った税理士を選んでください。

また、税理士によっては節税に消極的な人がいます。本来、税理士は税金を正しく納めるための仕事をする職業です。すなわち節税のために働く意識がないのです。しかし、節税できる部分は、積極的に節税することで、会社の経営基盤も盤石となります。節税アドバイスをしてくれる税理士を選ぶことで、会社の運営が楽になるのです。そして、税理士に対して多いクレームとしてレスポンスが遅いということがあります。よい税理士は何かにつけ対応が早いものです。こういったポイントも選ぶ際の基準としてください。