小じわを目立たなくさせて艶のある質感をもたらすコラーゲン注入

プチ整形としても人気

コラーゲン,注入 : ヒアルロン酸、コラーゲン注入と肌再生療法はどう違うのでしょうか

コラーゲンは年齢とともになくなっていく!?コラーゲン注射なら継続性ばっちりプチ整形としても人気

プチ整形とも言われる注射による治療の中では、ヒアルロン酸も人気がありますが、副作用としてヒアルロン酸よりもアレルギーが出る確率はあります。
特に初めての人はやってみないとわからない部分があるため、アレルギー反応テストを事前にするクリニックも少なくはありません。
アレルギー症状に関してですが、注射をした箇所が腫れたり痛みを感じたり、硬直をすることもありますしかゆみが出ることもあります。
皮膚に若干の変色が見られたり、副作用として他には皮膚潰瘍のリスクも隣り合わせです。
人間の皮膚のハリを取り戻すことのできるお手軽な治療という認識で受けることもある治療ですが、本人自身の成分を活かしているわけではありません。
医療機関で注射をするのは豚や牛類の動物由来であること、生合成の成分ですから、その点も理解した上での施術です。
簡単に注射をすることで皮膚が再生をしたり、真皮線維芽細胞にダイレクトに働きかけることはありません。
ですがコラーゲン線維の弾力については、ある程度は働きかけることができますし、定期的な頻度での治療でハリと艶のある肌を維持しやすいです。
半永久的ではありませんので、数か月後したらクリニックで再び治療を受ける必要があります。
コンスタントに一定の期間で注射をするため、コスト面でお財布との相談も必要です。
費用面や数ヵ月に1度は来院をして注射を打つ手間やコストなどはありますが、切開をして縫い合わせるような大掛かりなオペではなく、注射だけの簡単治療になります。
これまで日本国内だけではなく、世界でも多くの症例数を持つ治療でもあり、実際に治療を受けた人の多くは満足をしているのも事実です。
治療をする際に注射を顔にするのは抵抗がある人も少なくはないものの、使用をする針は非常に細いため、それだけ痛みは軽減をされます。
真皮内へと細いハリを使用して成分を注入することで、谷間をコラーゲンが埋めますので、周りの肌と同レベルの高さになり、小じわなども目立ちにくくなる、見た目にもナチュラルな仕上がりの治療です。